大気汚染常時監視のページ > 光化学スモッグ発令状況 >光化学スモッグとは?

光化学スモッグとは?


光化学スモッグ発生の図

 自動車や工場の排出ガスに含まれる窒素酸化物や炭化水素などは、太陽の紫外線で反応し、「光化学オキシダント」を生成します。

 この「光化学オキシダント」は、窒素酸化物や炭化水素の大気中濃度が高く、紫外線の強いときに高濃度となり、白くモヤがかかったようになります。この状態を「光化学スモッグ」と呼んでいます。風が弱く、気温が高く、日差しが強い日に発生しやすい傾向にあります。

 「光化学オキシダント」は高濃度になると人や植物などへ影響を及ぼし、人体への影響としては、

・・・などといった、目やのどなどの粘膜にたいする被害が報告されています。
(光化学スモッグによると思われる被害にあわれた場合は、こちらまでご連絡をお願いいたします。)

 大阪府では、「光化学オキシダント」が高濃度となり、光化学スモッグが発生しやすい状況になったときには、「予報」「注意報」などを発令し、学校などの公共施設の掲示板や旗(下表参照)、インターネット(ホームページメール)などを通じ、府民のみなさまにお知らせしています。

掲示板や旗の色 発令の種類
緑色 予報
黄色 注意報
だいだい色 警報
えんじ色 重大緊急警報

発令時の注意事項