大気汚染常時監視のページ > 光化学スモッグ発令状況 > 発令基準

光化学スモッグの発令基準等


  発令等 解除
気象情報 大阪管区気象台が、光化学スモッグが非常に発生しやすい気象状態であるとして発表 -
予報 その地域のオキシダント濃度が0.08ppm以上であり、気象条件からみて注意報の発令基準にいたると考えられるとき 大気の汚染の状態が回復したとき、または、気象条件からみて汚染の状態が回復すると考えられるとき
(注意報を解除するときは、同時に予報も解除されます)
注意報 その地域のオキシダント濃度が0.12ppm以上であり、気象条件からみてその状態が継続すると考えられるとき
警報 その地域のオキシダント濃度が0.24ppm以上であり、気象条件からみてその状態が継続すると考えられるとき
重大緊急警報 その地域のオキシダント濃度が0.40ppm以上であり、気象条件からみてその状態が継続すると考えられるとき

発令を判断する測定局